総務手帳とは?

総務手帳の送付を依頼する(無料)

どのような企業の総務が見るべきか?

総務手帳とは?
総務経験者が口を揃えていうのは大手企業とベンチャー企業の総務では、やるべきことが全く違うということです。
大手企業の総務の場合、決められたタスクを100点の成果でこなす能力が求められますが、ベンチャー企業の場合は例え80%の成果でも大量のタスクをこなす能力が求められます。
ベンチャー企業の総務担当者は、まずそのさじ加減を知る必要があります。必要な業務を自ら見極めてタスクをこなす総務担当者がベンチャー企業の成長には不可欠です。
総務手帳は社員数50人未満の仕組みを整備するフェーズの会社向けに役立つノウハウを集めました。
ベンチャー企業の総務担当者が知りたがるノウハウを具体的な行動ベースでお届けします。

例えばどんな内容?

総務手帳とは?
庶務を一人でこなさなければならないベンチャー企業の総務担当者の場合、ツールを調べる時間の捻出さえもままならないことがあります。
総務手帳ではそのような悩みを解決するために労務管理、経理、総務、オフィスレイアウトから文具にいたるまで、ベンチャー企業に実績のあるベストプラクティスしか掲載しておりません。なぜなら時間をかけて調べてもベンチャーというくくりの中で、行き着くツールはほぼ同じものだからです。
総務手帳を読めば、そのような時間の無駄を省き、雑多な業務の中からやるべきことを厳選して効率化させることができるようになります。

総務手帳の送付を依頼する(無料)

どうして無料なの?

市販の起業本以上のクオリティの総務手帳を無料で届けられるのは、創業支援に力を入れている多くの企業様や支援団体様からのご協賛・ご協力により作成・配布することが可能となっているからです。

「会社の母子手帳」創業手帳とは?

20150219kagoshima-fig3
創業手帳とは日本の「創業の成功率を上げる」ために、全国の公的機関・大手企業が協賛して「創業直後の全ての会社」に無料で送付している「会社の母子手帳」です。毎月15000部発行し創業に必要なノウハウを掲載しています。
創業手帳の詳しい説明はこちら